発想力に磨きをかける

管理職はプロジェクトを客観的な立場から見て、的確な指示を出すことが重要な役割です。そのためシステムエンジニアという仕事や企業の業務を、現場職とは違った見方で知ることができます。現場職から管理職になっている人にとっては、新たな発見も多いでしょう。今までとは違う考え方や見方を学ぶきっかけとなり、システムエンジニアに欠かせない発想力を磨くことができます。システムエンジニアという仕事の面白さを改めて実感できるかもしれません。

発想力を磨くことができるので、管理職を経て現場職へ戻る人も多いです。現場へ復帰する、管理職として部下を良い方向へ導いていくなど自分の考え方次第でさまざまな道を切り開きやすいのは管理職ならではの面白さと言えます。システムエンジニアの管理職はやりがいを感じやすい職種でもあります。一般的なサラリーマンは行った仕事が数字として評価されるので、やりがいを感じにくいものです。

しかし、システムエンジニアの管理職は違います。開発したシステムはインターネットやタブレット端末で目にする機会が多く、開発者に利用者の声が届きやすいのが特徴です。自分の家族や友人にシステム利用者がいれば、使いやすさなどを簡単に聞くことができます。システム開発に関する技術は次々に新しいものが登場しています。どこまで突き詰めても終わりがないシステムエンジニアの管理職という仕事に、面白さを感じて長く続ける人が多いようです。システムエンジニアとして経験を積んだ後は、管理職としてのキャリアを目指してみると良いでしょう。詳しい情報は、(管理職としてのシステムエンジニア)からも得ることができます。