管理職に求められるスキル

システムエンジニアは体力面、精神面ともに過酷な仕事です。次々と新しい技術が生まれて来るので、技術的に追いつくのが大変なのです。特に自らもプログラミングを行うプレイングマネージャーの性格が強いシステムエンジニアの場合は、新しい言語、技術の現場ではなかなか通用しなくなるケースも出てきます。

そのため、システムの現場では35歳定年説というのも、かつてはよく言われていました。これは、新しい知識を吸収できるのは若い時期に限られていて、年を取るとなかなか新技術についていけなくなるから、という理由から唱えられた説です。確かにプログラミングの第一線ではこの説はある程度の説得力を持っています。しかし、管理職となると、新言語を覚えていくスキルよりももっと普遍的な能力が求められます。そのため、この普遍的な能力さえ身についていれば、システムエンジニアであっても管理職は長く勤められるようになるのです。

具体的には、要員を適切に配置する能力やスケジュール調整能力、顧客との要求定義における落としどころを交渉する能力、そしてチームを纏めるための統率力などです。これらの能力は、プログラミングの能力とは違ってある程度普遍的なものです。もちろん、プログラミング言語によって、進捗管理の手法などに違いが出る場合はありますので、全く勉強が要らないということではありませんが、経験と人的な能力によってカバーする部分が非常に大きいのです。この能力を身に付けた管理職は、システムエンジニアでも長く働くことが出来るのです。