チームをいかにまとめられるか

システムエンジニアの管理職は、主に案件のスケジュールを作成し、納期・工数をチェックすることが主な業務内容となります。そのため、1つの案件の進み具合に応じてスタッフの増員を図ったり、顧客や他部署などの交渉にあたったりといった調整がとても難しいといわれます。常に2つ以上の案件やタスクなどを管理し続けることが多いので、チームをいかにまとめられるかが要ともなります。

そして、チームやプロジェクトメンバーの育成も行います。自分のチームにいるエンジニアがすべてキャリアがある人ばかりではありません。新人である場合や、エンジニアになって日の浅い人もメンバーにいることが普通です。その場合には、プロジェストを進めていく中で人材育成を行う必要があります。そこで、メンバーのミスや遅れなどをフォローしてあげることも管理職に求められます。自分の仕事をこなしつつ、プロジェクト全体の管理、そして1人1人のフォローとソフト面・ハード面それぞれ管理することがとても難しいです。

そのため、部下や他のメンバーとのコミュニケーションを円滑に結べることも重要です。たとえば個別面談や会議といったものだけでなく、日々の何気ない雑談など積極的に関わることで、部下の個性や悩み・チャレンジさせたいプロジェクトなど色々な事が見えてきます。しかし、中にはコミュニケーションをとりたがらないメンバーもいます。そういった人とも、しっかりと意思疎通が図れるようにすることも管理職の苦労の1つといえます。